スタッフレポート

聖徳太子シンポジウム

聖徳太子と政治 ~ヤマトの政(まつりごと)~

1/

2019年12月7日(土)、サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田)にて、聖徳太子シンポジウム「聖徳太子と政治~ヤマトの政(まつりごと)~」(主催:奈良県 後援:歴史街道推進協議会、毎日新聞社)が開催されました。

当日は会場前は長蛇の列となり、約800名の方が参加され会場はほぼ満席となりました。

1/

第1部では、立命館大学文学部教授の本郷真紹氏が「聖徳太子の政治基調」と題して、聖徳太子がもたらした政治の意味について講演されました。

第2部では、ご講演いただいた本郷真紹氏、東京大学大学院人文社会系研究科教授の頼住光子氏、落語家の桂米團治氏の3名のパネリストに、ABCラジオパーソナリティの道上洋三氏をコーディネーターとして、「聖徳太子と政治~ヤマトの政(まつりごと)~」をテーマにパネルディスカッションが行われました。
十七条憲法、冠位十二階、遣隋使の派遣などといった、聖徳太子の偉業についての意見が交わされ、参加者は熱心に耳を傾けていました。

第3部では、ミュージシャンKaTaCHIの皆さんによるスペシャルライブ「幽玄の世界~KaTaCHI~」が披露され、大きな拍手が沸きおこりました。
 

1/

その他、特別展示として「聖徳太子絵伝」パネル展のコーナーも設けられました。

また、会場の入口には自治体のPRコーナーが設けられ、奈良県、奈良市、斑鳩町、王寺町、三郷町等のスタッフが参加者に
パンフレットやチラシの配布、グッズの販売を行っていました。

アーカイブ

2020年
2019年
映像で見る歴史街道
フォーラム・展示
おでかけガイド
ブログ