歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第266回

高田本山 専修寺
~国宝指定から1年~

ZTV

三重県津市にある浄土真宗高田派本山・専修寺(せんじゅじ)。全国に600余りある真宗高田派寺院の本山で、地元では親しみを込めて「高田本山」と呼ばれています。 平成29年11月、その高田本山の本尊である阿弥陀如来立像を安置する「如来堂」、木造建築としては全国5番目の大きさを誇る「御影堂」の2つが、三重県の建造物として初めて国宝に指定されました。 今回は、国宝指定された2つのお堂を中心に、高田本山の歴史や国宝指定に向けた取り組みなどをご紹介します。
10月16日~31日のご案内です!!
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業