歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第333回

国宝の極彩色壁画 高松塚古墳・キトラ古墳

近鉄ケーブルネットワーク

飛鳥時代に都が置かれ政治や経済・文化の中心地として栄えた、奈良県高市郡明日香村。
村内には当時の遺跡・古墳が数多く残されております。
その代表格が、昭和47年 我が国で初めて極彩色の古墳壁画が発見された高松塚古墳。
さらに昭和58年、石槨の壁画が発見されたキトラ古墳です。
番組では、国内の装飾古墳とは性格の異なる高松塚古墳、そしてキトラ古墳の壁画について詳しくご紹介します。

写真提供:明日香村教育委員会

チャンネル情報はこちら
10月16日~10月31日のご案内です!!

アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
映像で見る歴史街道
歴史街道百景
街道を歩く