映像でみる 歴史街道わたしのまちの歴史と文化

第358回 江戸時代の“ゆるキャラ”?「大津絵」

ZTV

江戸時代、大津の代表的なお土産物として生まれた民俗絵画「大津絵」。
筆で描かれたシンプルな絵の中に、多くの教訓や示唆を含んでいて、東海道のお土産物として全国に広まりました。 そのどこか“ゆるい”絵の裏には、過酷な街道の土産物競争の中で磨かれた、職人たちの工夫と努力がつまっていました。
今回は「大津絵」の歴史と、その魅力をご紹介します。

チャンネル情報

11月1日~11月15日のご案内です。