映像でみる 歴史街道わたしのまちの歴史と文化

第361回 人々に親しまれ続ける久米田池

テレビ岸和田

大阪府岸和田市の市街地の中にある久米田池。大阪府内で、最も大きい面積のため池です。この池は、奈良時代の僧・行基が14年の歳月をかけて造ったとされ、農業のかんがい用として大きな役割を持っています。池を管理する施設として建てられたのが隆池院(りゅうちいん)という寺で、現在の久米田寺にあたります。この寺も古くから人々に親しまれており、現在でも年に1度、管理に携わってきた流域のまちのだんじりが集まる「行基参り」が行われています。今回は、人々に親しまれ続ける久米田池をご紹介します。

チャンネル情報

12月16日~12月31日のご案内です。