歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第260回

『竹と名張の暮らし』

アドバンスコープ

私たちの暮らしに息づく竹・・・日本人と竹との関わりは古く、縄文時代の遺跡からも竹を素材とした製品が出土しており、古来より様々な用途で竹を利用してきたと考えられます。 奈良県山辺郡山添村から三重県名張市にかけての山林では古くから良質の竹が採れ、竹細工づくりの文化が受け継がれてきました。 番組では、人々の暮らしに深く根ざした竹と三重県名張市における竹との関わりに触れてみたいと思います。
7月16日~31日のご案内です!!
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業