歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第271回

新田開発と共に歩む
~真性寺の初午祭~

アドバンスコープ

年の初めに厄を祓う。全国各地で厄除け祈願の習わしが古くから伝わっています。 三重県名張市新田にある天台真盛宗の真性寺では、2月の初午の日に大般若経を転読し、厄除けをはじめ、家内安全、無病息災などを祈祷する初午祭が催されます。 今では他県からも多くの参拝者が訪れるといわれる祭礼ですが、真性寺はもともと村の祈願所で、地域と共に歩んできた寺です。 今回は新田開発と共に歩んだ真性寺の初午祭の様子をお届けします。
1月1日~15日のご案内です!!
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業