歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第254回

『藤堂藩を裏で支えた無足人』

伊賀上野ケーブルテレビ

藤堂高虎は伊賀を治める際に、土豪たちを無足人(むそくにん)という身分にしました。無足人とは名字帯刀を許され、普段は百姓をし、いざという時は武士として戦う人々です。 彼等は大阪冬の陣や幕末にも出兵し、平時は村人の信任をあつめ、庄屋として村の治安にあたりました。 番組では藤堂藩独特の無足人制度を紹介します。
4月15日~30日のご案内です!!
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業