歴史街道~わたしたちのまちの歴史と文化~

第296回

戦国時代最初の天下人・三好長慶の居城「飯盛城」を訪ねる

ジュピターテレコム

大東市と四條畷市にまたがる飯盛山の山頂には、戦国武将 三好長慶が居城としていた「飯盛城跡」があります。この山城跡から巨大な石垣が見つかり、いま「飯盛城」が全国的に注目を集めています。これまで本格的な石垣を導入したのは織田信長とされてきましたが、今回発見された石垣はそれよりも古いとされています。
番組では戦国時代最初の天下人と呼ばれる三好長慶に注目しながら、飯盛山とそこにある山城跡を紹介します。
1月16日~31日のご案内です!!
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業