MENU
イベント

イベント

歴史ものがたりセミナー

(A日程)城下町から工都の中心市街地へ ~旧尼崎城下町を訪ねる~

尼崎市には2019年に尼崎城天守、そして昨年には尼崎市立歴史博物館が開館しました。この2施設が開館するまでは、かつて尼崎に城があり、城下町であったことはほとんど知られていませんでした。これは、明治以降、尼崎城跡が完全に姿を消し、その旧城下町は急速に進んだ近代化の中で工業都市の中心市街地へと変貌したことが大きな要因です。

そこで今回のセミナーでは、なぜ尼崎城は城跡を残さずに完全に消え去ってしまったのか、そして城下町が工都の中心市街地へと変貌したのか、その謎をセミナーで解き明かします。そしてセミナー後は、旧尼崎城下町を巡り、現存している近代建築とわずかに残る城下町の面影を訪ねます。

講師は昨年開催した歴史ものがたりセミナー「尼崎の近代建築」でも好評を博した尼崎市立歴史博物館の桃谷和則氏です。

<講師プロフィール>
桃谷 和則氏(尼崎市立歴史博物館学芸員)
1962年兵庫県生まれ。尼崎市立歴史博物館学芸員・文化財担当係長。専攻は日本近代史。
共著に『阪神沿線まちと文化の110年』(2015年、神戸新聞総合出版センター)など。

このイベントは11月11日開催の<B日程>もございます。

募集内容

実施日
2021年11月27日(土)13:00~16:30 <雨天決行>
集合場所
尼崎市立歴史博物館 3階 講座室
受付・集合
13:00
募集人数
35名(先着順)
参加費用
歴史街道倶楽部会員 2,000円 / 一般 2,500円(税込)

◇ガイド費用、ガイドレシーバー、傷害保険等を含みます。
共催
歴史街道推進協議会、尼崎市教育委員会

行程

13:00 セミナー「尼崎城はなぜ完全に消え去ったのか」
14:20 館内見学(特別展「花開く江戸絵画」開催中)
14:45 尼崎まちあるき(旧尼崎警察署、櫻井神社、旧開明尋常小学校、尼信記念館、西本町に残る町屋、尼崎城址の石碑など)
16:30頃 尼崎市立歴史博物館(解散)
<歩行距離 約3.5km>

※諸事情により内容が一部変更になることがあります。

申込方法

下記受付フォームまたは、メール、FAX、ハガキに会員番号・氏名・ 電話番号・参加人数を記載の上、各イベント係までお申し込みください。なお、満席の場合を除き、申込受付の返信はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
開催の2週間前を目途に当日のご案内、振込用紙を郵送いたします。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2021年11月18日 (木)

  • 会員番号をご入力下さい。一般の方は「一般」とご入力ください。

  • 上記内容で申し込む。