おでかけガイド

奈良 | 天理市

見どころ

奈良盆地の東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように続く「山の辺の道」。沿道には今も、記紀・万葉集ゆかりの地名や伝説が残り、神さびた社や古寺、古墳などが次々に現れて、訪れるひとを古代ロマンの世界へといざないます。桜井から山の辺の道を北上し天理へ。「石上布留の神杉神さびし…」と柿本人麻呂が万葉集にうたっている石上神宮や長岳寺などのほか、多くの三角縁神獣鏡が発掘された黒塚古墳など、大和の古代をたどることができます。

イベント情報

  • 第85回 企画展 Osaka Metro開業1年 「大阪市営交通114年の軌跡」

    古くから“水の都”と呼ばれた大阪市において、明治36年、日本で...

    MORE

EVENT CALENDAR MORE

観光案内

天理市トレイルセンター

桜井から山の辺の道を北上し天理へ。「石上布留の神杉神さびし… 」と柿本人麻呂が万葉集にうたっている石上神宮や長岳寺などのほか、多くの三角縁神獣鏡が発掘された黒塚古墳など、大和の古代をたどることができます。山の辺の道、石上神宮近くにある天理市トレイルセンターは、黒塚古墳など山の辺の道周辺の史跡を紹介。また、散策の中継地点として、歴史文化の紹介コーナーはもちろん、たくさん歩いた後の汗を流せるシャワー設備や、ロードバイクを停めるためのバイクラック、美しい眺望が楽しめる開放的なデッキも設置されています。地元の食材を使った食事や県内の特産品の購入もできます。

住所 〒632-0052
天理市柳本町577-1
TEL:0743-67-3810 FAX:0743-67-3810
営業時間 8:30~17:00
休業日 第一月曜日(年末年始についてはお問合せください)飲食店スペースは毎週月曜日

天理駅前広場内インフォ&ラウンジコフン

日本最古の道といわれる「山の辺の道」が通る天理。道筋には、創建の古さを誇る神社や古墳が散在し、古代ロマン・記紀万葉の世界が広がっています。観光コンシェルジュが山の辺の道、古墳群、龍王山などの観光スポットや市内周瑜観光の情報を提供します。ノルディックウォークポールの無料貸出もおこなっています。

ボランティアガイド一覧
iセンター一覧