フォーラム

フォーラム

紀伊山地三霊場フォーラム『未来につなぐ熊野の魅力』

歴史街道推進協議会は紀伊山地三霊場会議と共催で、紀伊山地三霊場フォーラム「未来につなぐ熊野の魅力」を開催いたします。本年は世界遺産登録15周年にあたります。古代から連綿と続く「熊野詣で」の魅力について、平安時代の末、白河上皇らが「熊野詣で」出立の儀式を行われた京都・城南の地から、映像を交えて鳥羽重宏師(城南宮宮司)にお話を伺った後、田中利典師(金峯山寺長臈)の進行で熊野三山の神職、僧侶の皆様に語っていただきます。

レポート

1/

今回のフォーラムは世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成遺産である三霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)が世界遺産に登録されてから15周年を記念して開催されたもので、236名の方が聴講されました。
城南宮 鳥羽宮司様の「熊野詣で~京都から熊野三山へ」の基調講演に次き、熊野速玉大社の上野宮司様・熊野本宮大社 九鬼宮司様・熊野那智大社 男成宮司様・青岸渡寺 高木副住職様によるパネルディスカッション「未来につなぐ熊野の魅力」が、金峯山寺 田中長臈様の進行で行われました。参加者の方々はメモをとるなど、熱心にお話を聞いておられました。 
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

概要

  • ■ 基調講演
    「熊野詣で~京都から熊野三山へ」
    平安時代の末、白河上皇らが「熊野詣で」出立の儀式を行われた京都・城南の地から、映像を交えて「熊野詣での魅力」について語る
    講師:鳥羽 重宏 師(城南宮宮司)

    ■ パネルディスカッション
    「未来につなぐ熊野の魅力」
    上野 顯 師(熊野速玉大社宮司)
    九鬼 家隆 師(熊野本宮大社宮司)
    男成 洋三 師(熊野那智大社宮司)
    高木 亮英 師(青岸渡寺副住職)
    進行: 田中 利典 師(金峯山寺長臈)
  • 開催日2019年10月24日(木)
  • 時間14:00~16:30(開場13:30)
  • 場所あべのハルカス 25F大会議室
  • 募集人数220名(事前申込制、先着順)
  • 料金1名 1,000円(当日支払)※歴史街道倶楽部会員・近畿文化会会員は無料(どちらも本人のみ)
  • 申込方法ハガキ ・ FAX ・ Eメールで下記の事項を明記のうえ、お申込みください。
    後日、参加証をお送りします。

    【申込先】
    〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2  大阪中之島ビル7F
    歴史街道推進協議会「紀伊山地三霊場フォーラム」係
    FAX:06-6223-7234 Eメール:r-kaido@rekishikaido.gr.jp
  • 問合せ先歴史街道推進協議会
    06-6223-7744(平日10~17時)
  • 主催紀伊山地三霊場会議
  • 共催歴史街道推進協議会
  • 協力近畿日本鉄道株式会社、 南海電気鉄道株式会社、 西日本旅客鉄道株式会社
  • 後援奈良県、和歌山県、田辺市、新宮市、那智勝浦町、環境省近畿地方環境事務所、一般社団法人 自然環境文化推進機構
日本文化体感プログラム
飛鳥~奈良~京都連携事業