MENU
イベント

イベント

歴史のまちウォーク

旧佐野村に残る街並みをたどる ~江戸時代の豪商「食野家」とは~

【ふるさと町屋館(旧新川家)】

【食野家跡碑】

【いろは蔵通り】

泉佐野市と言えば、対岸に関西国際空港があることから、「空の玄関口」というイメージが現代ではあるかと思いますが、かつては「海の玄関口」としての役割を果たしていたのはご存知でしょうか。

江戸時代、北海道・東北・北陸と西日本を結んだ西廻り航路は経済の大動脈であり、この航路を利用した商船は北前船と呼ばれました。泉佐野を拠点としていた食野家は最盛期にはその北前船を100隻近く所有し、天下の大商人としてその名を馳せていました。

今回の歴史のまちウォークでは、和泉国随一の港として栄えた歴史が、日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間―北前船寄港地・船主集落―」にも認定された、食野家の面影が残る泉佐野市の旧佐野村エリアを巡ります。
旧佐野村のまちは地元の人でも迷うほどの迷宮都市。そんな迷宮都市の中にはかつて、食野家の蔵が立ち並び、その多さから「いろは四十八蔵」と呼ばれた通りがあります。そんな江戸時代の香りが色濃く残る佐野のまちを巡りつつ、途中では、泉佐野を中心に活躍する陶芸家・番匠谷先生による陶芸体験や、醤油業を営んだ新川家の家屋を活用したふるさと町屋館で日本伝統和菓子「練りきり」と「お抹茶」をお楽しみいただきます。

春の陽気の中、泉佐野の新しい一面に出会うウォークに出かけてみてはいかがでしょうか。

募集内容

実施日
2022年4月13日(水)13:00~17:30 <雨天決行>
集合場所
南海泉佐野駅改札前
受付・集合
13:00
募集人数
25名(先着順)
参加費用
歴史街道倶楽部会員 6,000円 / 一般 6,500円(税込)

◇ガイド費用、ガイドレシーバー、施設入場料、傷害保険等を含みます。
主催
歴史街道推進協議会

行程

13:00南海泉佐野駅(出発)…西法寺…食野家跡…西の庄屋跡…東の庄屋跡…高札場(明厳寺の土堀脇)…大将軍湯…いろは蔵…
力石…陶芸体験(陶芸家:番匠谷 武氏)…泉佐野ふるさと町屋館…上善寺…17:00南海泉佐野駅(解散)

◇陶芸体験で作成いただいた作品は後日発送となります(参加費に郵送料込み)
◇諸事情により内容が一部変更になることがあります。

申込方法

下記受付フォームまたは、メール・FAX・ハガキに会員番号・氏名・ 住所(一般の方)・電話番号・参加人数を記載の上、各イベント係までお申込ください。
なお、満席の場合を除き、申込受付の返信はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
開催の2週間前を目途に詳しいご案内、振込用紙を郵送いたします。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2022年4月7日 (木)

  • 会員番号をご入力下さい。一般の方は「一般」とご入力ください。

  • 上記内容で申し込む。