MENU
イベント

イベント

伝統芸能鑑賞

文楽鑑賞会 11月文楽公演『通し狂言 仮名手本忠臣蔵』

八段目より十一段目 事前解説付き

国立文楽劇場開場35周年を記念して、3回に分けて全段が上演される通し狂言『仮名手本忠臣蔵』。4月公演では、刃傷事件の発端から、塩谷判官の切腹の場に大星由良助が駆けつけ、仇討ちを決意する場面までが描かれました。夏休み講演では、主君の一大事に居合わせなかった早野勘平と恋人おかるが辿る悲しい運命、敵のみならず味方をも欺きながら仇討ちへの志を滲ませる由良助の姿が、太夫一人一役の掛け合い・長唄や囃子の多用などの豪華な演出で描かれました。

今回の11月公演は、いよいよ最終回です。刃傷事件に翻弄される人々、そしてついに仇討ちを果たし晴れて主君の墓前に報告をする塩谷の浪士たち…。
鑑賞前の事前解説は、太夫と三味線の方に実演と見どころの解説をしていただきます。

【あらすじ】
由良助の子の力弥と、本蔵の娘・小浪は許婚の間柄でしたが、刃傷事件の騒動で縁談は保留になっています。嫁入りを叶えたい小浪と母の戸無瀬ははるばる京都山科の大星家を訪れます。両家の深い苦悩が屈指の名曲「山科閑居の段」で描き出されます。
由良助は堺の廻船問屋・天川屋義平を男と見込み、討入の武器調達を依頼しますが、同士達は義平のことを信用できません。由良助はその疑念を晴らすため、同士に捕手と偽り天川屋に踏み込ませるのですが…。
艱難辛苦を乗り越え、見事仇討ちを果たした塩谷の浪士たちは光明寺にある主君の墓前に晴れて報告をするのでした。
(国立文楽劇場パンフレットより)

募集内容

実施日
2019年11月16日(土)
集合場所
国立文楽劇場 正面入口(近鉄・地下鉄「日本橋駅」7号出口より東へ徒歩約1分)
受付・集合
14時45分
募集人数
30名(先着順)
参加費用
お一人様 歴史街道倶楽部会員9,000円(税込)一般9,500円(税込)
観劇料、講師料、プログラム代、お弁当・お茶代を含みます。
集合場所までの往復交通費など個人的な費用は各自負担となります。
内容
15:00 太夫と三味線の方による事前解説 
15:40 劇場へ移動 
16:00 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 鑑賞 
      「八段目」道行旅路の嫁入
      「九段目」雪転しの段、山科閑居の段
      「十段目」天川屋の段
      「十一段目」花水橋引揚の段、光明寺焼香の段
20:25 終演予定                
      ※諸事情により一部変更になる場合があります。
主催
歴史街道推進協議会

申込方法

ハガキまたはFAX、メールに会員番号、氏名、電話番号を明記の上、
歴史街道倶楽部 「文楽③」係
までお申込みください。

※一般の方は、住所もご記入ください。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2019年10月25日 (金)