MENU
イベント

イベント

歴史ものがたりセミナー

 「下り酒」と樽廻船〜江戸っ子が愛した酒と新酒番船〜

 江戸時代、和船は大いに発達しました。瀬戸内海で航行していた中小船舶であった弁財船は、徐々に大型化し廻船(北前船、菱垣廻船、樽廻船)として、江戸時代の人々の暮らしを支えました。「千石船」とも呼ばれましたが、実際の積載量は千石を超えていたと言われます。
 一方、西宮や灘の地域では、江戸積酒造業が発展していきます。六甲山麓で育まれた風土・水・技術により造られた清酒は、「下り酒」として江戸っ子に愛されました。新酒ができると江戸までの到着順位を競う「新酒番船」という行事も生まれ、錦絵に描かれるほど人気を博しました。
今回の歴史ものがたりセミナーでは、日本遺産「伊丹諸白と灘の生一本 下り酒が生んだ銘醸地 伊丹・灘」にも認定された灘五郷の酒文化と、樽廻船の歴史に迫ります。
 ご一緒に西宮の日本酒にまつわるストーリーに酔いしれてみませんか。

【講師】
俵谷和子(西宮市立郷土資料館館長)
 1970年、兵庫県生まれ。
 2010年、西宮市立郷土資料館学芸員(日本民俗学)。2020年から現職。
 主な著書『高野山信仰と権門貴紳』(岩田書院)、「江戸時代の女人救済と徳本行者」、
 「徳本行者の勝尾寺来錫と法然」(『御影史学論集』)

募集内容

実施日
6月25日(土)10:30~12:00
集合場所
西宮市立郷土資料館(2F講座室)
 阪神電車「香櫨園」駅下車、南へ徒歩6分
 JR「さくら夙川」駅下車、南へ徒歩14分
 阪急電車「夙川」駅下車、南へ徒歩17分
受付・集合
10:15
募集人数
30名様(先着順)
参加費用
歴史街道倶楽部会員 2,000円(税込)
       一般 2,500円(税込)
主催
歴史街道推進協議会

申込方法

メール、FAXまたはハガキに会員番号・氏名・住所(一般の方のみ)・電話番号・参加人数をご記入の上、各イベント係までお申し込みください。なお、満席の場合を除き、申込受付の返信はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
開催の2週間前を目途に、詳しいご案内と振込用紙を郵送いたします。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2022年6月17日 (金)

  • 会員番号をご入力下さい。一般の方は「一般」とご入力ください。

  • 上記内容で申し込む。