MENU
イベント

イベント

歴史ものがたりセミナー

レール&ステージ ~小林一三の贈り物~

 マルーンカラーの車両で知られる阪急電鉄は、小林一三によって1907年に創立されました。沿線の宅地開発を始めとして、駅隣接型の百貨店や、宝塚歌劇、東宝など、人々の暮らしをより良く、楽しいものにするために様々なアイデアを生み出し、現在の私鉄経営の基礎を作った小林一三とは、どのような人物だったのでしょうか。今回のセミナーでは、線路(=レール)で人々の暮らし(=ステージ)を変えた小林一三の生涯に迫ります。
 講師は、NHK「歴史秘話ヒストリア」や「ブラタモリ」にも出演された、阪急文化財団理事・逸翁美術館館長 仙海義之氏です。
 昼食は、小林一三の旧邸であり、国登録有形文化財でもある邸宅レストラン『雅俗山荘』(小林一三記念館内)にて、至極のフレンチキュイジーヌをご堪能ください。
 昼食後は、展覧会「わびとサビとはどう違う?」を開催中の逸翁美術館、茶室「即庵」・正門「長屋門」など国登録有形文化財を有する小林一三記念館をご自由に見学いただきます。

■■講師: 仙海義之氏プロフィール■■
1962年、神奈川県生まれ。東京芸術大学大学院修了後、東京芸術大学非常勤講師、香雪美術館学芸員等を経て、現職(公財)阪急文化財団理事、逸翁美術館・小林一三記念館・池田文庫館長。専門は、日本・中国の中世絵画史。
また、小林一三に関する講演なども多数行っている。

募集内容

実施日
A:8月23日(日)または B:8月27日(木)よりお選びください。

10時30分~12時:セミナー
12時~13時30分:昼食(解散)
13時30分~   :逸翁美術館・小林一三記念館を自由見学

※セミナー及び昼食会場は、新型コロナウイルス感染防止のため、収容定員の50%以下の人数で使用します。
集合場所
逸翁美術館 マグノリアホール       
(阪急宝塚線 「池田」駅より徒歩約15分、タクシー約5分)
受付・集合
10時30分
募集人数
各24名様(先着順/最少催行人数16名)
※会員の同伴者も受付いたします。
参加費用
お一人様9,500円
※セミナー受講料、冊子代、昼食代(アルコール代を除く)、施設見学料を含みます。
講師
仙海 義之氏(公益財団法人阪急文化財団理事)
協力
公益財団法人阪急文化財団・株式会社雅俗山荘
主催
歴史街道推進協議会

申込方法

ハガキまたはFAX、メールに講座名、会員番号、氏名、電話番号を明記の上、
歴史街道倶楽部「小林一三A」または「小林一三B」係  までお申込みください。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2020年8月7日 (金)