MENU
イベント

イベント

歴史・文化セミナー

法隆寺の仏像と聖徳太子信仰

奈良・斑鳩の地に悠久の歴史を刻む法隆寺は、推古天皇15年(607)、聖徳太子によって創建されたと伝えられます。
令和3年(2021)は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、これを記念して特別展「聖徳太子と法隆寺」を開催いたします。
法隆寺において護り伝えられてきた仏像を中心に、太子の肖像や遺品とされる宝物、また飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて、太子その人と太子信仰の世界をご紹介いたします。

募集内容

実施日
2021年5月15日(土)
集合場所
近鉄文化サロン阿倍野 
(and5階 教室15/近鉄「阿部野橋駅」、JR「天王寺駅」、大阪メトロ御堂筋線・谷町線「天王寺駅」より徒歩約5分。あべのハルカス近鉄本店、Hoopの南側) 
受付・集合
13:00
募集人数
20名
参加費用
歴史街道倶楽部会員1,100円(税込)
       一般1,650円(税込)
※当日お支払いとなります。
講師
山口 隆介氏(奈良国立博物館主任研究員)

申込方法

メールまたはFAX、ハガキに講座名、会員番号、氏名、電話番号を明記の上、 歴史街道倶楽部「歴史・文化セミナー」係 までお申込みください。

※一般の方は、住所もご記入ください。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2021年4月28日 (水)