MENU
イベント

イベント

歴史・文化セミナー

聖徳太子の虚像と実像-『随書』にみえる「倭王」とは誰か-

『日本書紀』によると、推古女帝が飛鳥の豊浦宮で即位した翌年の593年、厩戸豊聡耳皇子(うまやととよとみみのみこ)が皇太子となり、天皇に代わって一切の政務を執り行ったと伝えられています。この人物こそ、史上有名な聖徳太子です。ところが太子にまつわる話には虚と実が混在しており、いまだにその実像をめぐって諸説が対立しています。そこでこの講座では、新しい視点から太子の実像に迫ってみたいと思います。

募集内容

実施日
2021年2月6日(土)
集合場所
近鉄文化サロン阿倍野 
(and5階 教室15/近鉄「阿部野橋駅」、JR「天王寺駅」、大阪メトロ御堂筋線・谷町線「天王寺駅」より徒歩約5分。あべのハルカス近鉄本店、Hoopの南側) 
受付・集合
13:00
募集人数
25名
参加費用
歴史街道倶楽部会員1,100円(税込)
       一般1,650円(税込)
※当日お支払いとなります。
講師
堺女子短期大学名誉学長・名誉教授 塚口 義信氏

申込方法

メールまたはFAX、ハガキに講座名、会員番号、氏名、電話番号を明記の上、 歴史街道倶楽部「歴史・文化セミナー」係 までお申込みください。

※一般の方は、住所もご記入ください。

住 所: 〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7階
FAX: 06-6223-7234

メール: club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2021年1月27日 (水)