イベントカレンダー

  • TOP
  • 体験する
  • イベントカレンダー
PREV

NEXT

    開催イベント

    開催中のイベント

    • 特別陳列「ならまち歳時記」

      奈良市の文化財公開施設として、伝統行事や奈良町界隈で行われる身近なイベントにかかわる歴史史料を月ごとに紹介することで、来訪者や地域住民に奈良町の季節感を史料から感じてもらう機会としています。
      季節にちなんだ伝統行事や風物詩を、実物史料などで紹介します。約1ヶ月ごとに展示テーマを変えて開催。(全12回)

      開催:
      2019/04/022020/03/31

      MORE
    • “紀伊山地の霊場と参詣道” 世界遺産登録15周年記念キャンペーン

      和歌山県及び(公社)和歌山県観光連盟は、今年の「高野山・熊野」世界遺産登録15周年を記念し、下記のとおりキャンペーンを実施します。期間中は県内をお楽しみいただくため、世界遺産社寺を含む県内各地域の協力を得て、特別企画を実施するなど世界遺産をはじめとした本県の魅力を一層発信するとともに、県内の周遊を促進し、滞在時間の延長と消費拡大に繋げます。 詳しくはHPをご覧ください。

      開催:
      2019/10/012020/03/31

      MORE
    • 観光ボランティアガイドと歩く・なら

      期間中、奈良県内各地の観光ボランティアガイドよりすぐりの全コースで、地元ガイドの話を聞きながら、奥深い奈良を歩きます。
      詳細はHPをご覧ください。

      開催:
      2019/09/012020/03/31

      MORE
    • 令和元年度 てんり&山の辺の道 フォトコンテスト

      「天理・山の辺の道の魅力再発見!」をテーマに、天理だけではなく、山の辺の道(桜井~天理)エリアの中で、あなただけの天理と山の辺の道(天理~桜井)お薦めスポットをご紹介ください 【表彰】 特別賞 1点(賞状/賞金5万円) 特 選 4点(賞状/賞金3万円) 準特選 9点(賞状/賞金1万円 入 選 3点(賞状/賞品) 【応募要項】 詳しくは、チラシをご覧ください

      開催:
      2019/09/282020/02/28

      MORE
    • 令和元年度 三峰山霧氷まつり

      伊勢本街道が通る御杖村は、江戸時代にはお伊勢参りに向かう宿場町として賑わいました。霧氷まつりは室生赤目青山国定公園に指定されている三峰山の麓で開催されます。

      【イベント】
      1月11日(土)雑煮のふるまい、御杖村の「つえみちゃん」登場
      1月26日(日)ぜんざいのふるまい
      2月  2日(日)ボランティアガイドツアー(先着10名様)
      2月11日(祝)もちつき大会、もちのふるまい
      3月  1日(日)クリーンキャンペーン、抽選会、コーヒーのふるまい
      ※各ふるまいは、午後1時からなくなり次第終了。

      開催:
      2020/01/112020/03/31

      MORE
    • 六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」 ~ 冬バージョン「冬はつとめて」 ~

      1000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明を使って、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光のイベントです。
      四季折々の情景を、季節毎に春・夏・秋・冬の4パターンで表現します。
      冬バージョン「冬はつとめて」では、冬の早朝の雪や、白さの際立つ霜の様子などを表現します。澄んだ空気の中で、よりきらめきを増す1000万ドルの夜景と六甲枝垂れの幻想的な光景のコラボレーションは圧巻です。

      【開催日時】
      2019年12月1日(日)~2020年1月13日(月)17:00~21:00
      2020年1月18日(土)17:00~20:00
      2020年1月25日(土)~2020年2月  1日(土)17:00~20:00
      2020年2月  8日(土)17:00~20:00
      2020年2月15日(土)17:00~20:00
      2020年2月22日(土)~2020年2月23日(日)17:00~20:00
      2020年2月29日(土)17:00~20:00
      2020年3月  7日(土)17:00~20:00

      開催:
      2019/12/012020/03/07

      MORE
    • 2019 天理参考館「絵手紙」展

      天理大学附属天理参考館の3千点におよぶ常設展示品より題材を選んで描く絵手紙を募集しました。 力作ぞろいの中から大賞・海外民族室賞・日本民俗室賞・考古美術室賞・ナイスDe賞を選び、これら受賞作品を はじめ応募いただいた全ての作品を展示しています。なお期間中、ご見学の方には当館オリジナルのしおりを 見学記念にさしあげております。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
      問合せ先:天理大学附属天理参考館0743-63-8414

      開催:
      2019/12/042020/03/30

      MORE
    • 歴史発掘おおさか 令和元年度冬季企画展2019

      大阪府には、旧石器時代から近代まで、あらゆる時代の埋蔵文化財が地下に眠っており、 毎年、多くの発掘調査が実施されています。こうした最新の発掘成果を府民に広く知っていただくため、 今年も『歴史発掘おおさか』を開催されます。
      大阪府をはじめ、府内各市町村のご協力のもと、府内の北から南まで様々な地域で出土した資料が一堂に会します。 出土品から遺跡を身近に感じ、当時の生活や社会について探ることで、私たちの街、大阪の魅力を再発見していただければと思います。 大阪府内の埋蔵文化財の最新情報をぜひご覧ください。

      開催:
      2020/02/012020/03/15

      MORE
    • 歴史館いずみさの 令和元年度冬季特別展「泉佐野の家相図」~江戸時代の占いブーム~

      泉佐野市内を通る旧熊野街道沿いには旧家が数多く存在し、それらの屋敷図が現存しています。本展示では、泉佐野市内に残る家相図を展示し、江戸時代に大流行した占いの歴史について紹介します。

      開催:
      2020/01/182020/03/29

      MORE
    • 第17回 大和郡山 盆梅展

      城下町・大和郡山に春を呼ぶ「盆梅展」。 市内の愛好家が丹精込めて育てた「盆梅」約120鉢を、日本でもめずらしい、「お城の櫓(やぐら)」の中という厳かな雰囲気の中で堪能いただけます。
      実施日:2月8日(土)~3月10日(火)
      ※期間中、土日祝日を中心に日本伝統芸能『猿まわし』も開催
      ■お問合せ
      大和郡山盆梅展実行委員会 (電話0743-54-3050)
      大和郡山市役所 地域振興課 (電話0743-53-1151 内線563)

      開催:
      2020/02/082020/03/10

      MORE
    • 企画展「節句の人形 丸平文庫特別出展:令和を寿(ことほ)いで」

      子どもの健やかな成長や幸せを願って飾られる節句人形。恒例の企画展「節句の人形」では、西宮の酒造家である辰馬家で飾られてきた雛人形と、京都・丸平文庫所蔵の人形を特別展示いたします。一体の人形が7㎝前後の十五人揃いの「二寸雛人形」はもちろん、9回目となります丸平文庫所蔵の特別展覧では令和を寿ぎ、天皇の装束である御引直衣(おひきのうし)や黄櫨染(こうろぜん)を着付けた人形とともに、梅や桜を愛でる人形も数多くご紹介し、丸平大木平藏ならではの華やかな人形の世界をお楽しみいただきます。令和を寿ぐにふさわしい春にさきがけた人形展、小さな中にも贅を尽くした姿を、ぜひ間近でご覧ください。

      ―同時開催展示-
      記念館 酒資料室「美酒運ぶ樽廻船」
      2020年1月25日(土)~3月5日(木)
      江戸時代に下り酒として人気があった西宮の酒は、多くが江戸へ運ばれていました。その担い手となったのが樽廻船です。展示では、酒造家が所有する樽廻船の活躍を古文書などからご紹介します。

      酒蔵館 小ホール写真展「大海原へ!辰馬汽船」
      2020年5月25日(月)まで
      江戸時代から廻船業へも進出していた酒造家辰馬家は、明治に入ると蒸気船を購入するなどさらに力を入れ、大正5年には辰馬汽船株式会社が設立されました。昭和初期に辰馬汽船が所有した船の写真をご紹介します。

      ―期間中イベントのご案内-
      2020年2月1日(土)14:00~14:30
      2020年3月1日(日)14:00~14:30
      ミュージアムトーク「節句の人形 丸平文庫特別出展:令和を寿(ことほ)いで」
      担当学芸員による展示解説を行います。
      場所 :記念館1階展示室
      参加費:無料(但し入館料は必要、申込み不要)

      2020年2月15日(土) 14:00~15:00
      酒蔵館・記念館「酒資料室」スペシャルガイドツアー
      辰馬本家酒造の蔵開きの日に合わせ、通常の酒蔵館ガイドツアーに加えて、記念館酒資料室「美酒運ぶ樽廻船」を特別にご案内いたします。
      場所 :酒蔵館受付棟よりスタート
      参加費:無料(但し入館料は必要、申込み不要)

      お問合せ:白鹿記念酒造博物館[酒ミュージアム]
      電話番号 0798-33-0008

      開催:
      2020/01/252020/03/05

      MORE
    • 奈良県立橿原高等学校×歴史に憩う橿原市博物館 令和元年度博学連携企画展 『なみちゃんの古墳探検~小谷古墳編~』

      今回で4回目の奈良県立橿原高等学校と歴史に憩う橿原市博物館の共同企画展は、古墳がテーマ。学校の近くにある小谷古墳を紹介します。といっても、マニアックな視点で古墳分析し、紹介するのではありません。古墳に潜む様々な見どころを発見し、そこに隠された古墳の秘密を明らかにしていきます。石室の中でのなみちゃんの「発見」を紹介する石室内の映像などを通して、なみちゃんの驚きと楽しみを追体験してください。会期中には、高校生が実際に小谷古墳を案内するイベントなども開催しますので、この冬はぜひ「歴史に憩う橿原市博物館」へお越しください!

      開催:
      2020/02/152020/03/29

      MORE
    • 大和な雛まつり

      今年も旧城下町一帯の寺社・町家・店舗など約110箇所でお雛様がご覧いただけます。町家物語館の「大階段の雛」やあなた自身がお雛様になる「成りきり体験」、箱本館紺屋での「吊し雛」、城下町で引き継がれた「享保雛」や「御殿雛」など様々な雛が各所で展示されます。 期間中、様々なイベントも開催されます。詳しくは『大和郡山市観光協会公式ウェブサイト』をご覧ください。 町家物語館・箱本館「紺屋」は雛まつり期間中休みなしで開館。 また、箱本館「紺屋」は期間中無料となっています。

      開催:
      2020/02/222020/03/03

      MORE
    • 特別展示「光秀と京~入京から本能寺の変~」

      明智光秀が活躍した信長の入京から本能寺の変を中心にして、関連する遺跡の発掘調査の成果を写真パネルや遺物で紹介。 本能寺跡の発掘調査出土品は、令和元年度の京都市有形文化財の指定を受ける予定となっており、これらのお披露目として、まさに当時本能寺の変に遭遇したと思われる土器・瓦類などが多数展示されます。

      開催:
      2020/02/072020/06/21

      MORE
    • 旧木下家住宅のひなまつり

      「旧木下家住宅とは、もとは又野良助氏が私邸として昭和16年に竣工した数寄屋造近代和風住宅です。阪神・淡路大震災以後、姿を消しつつある阪神間の和風住宅のなかで、創建時の屋敷構えをほぼ完全に残す貴重な建物として、平成13年11月に国の登録有形文化財に登録されました。本イベントでは雛祭りの季節に合わせて、木下家が所有していた昭和の雛人形を展示します。

      開催:
      2020/02/012020/03/22

      MORE
    • 青谷梅林梅まつり

      梅の産地として知られる京都府・城陽市の南東に位置する青谷地域の、「青谷梅林(あおだにばいりん)」で、「青谷梅林梅まつり」が開催されます。
      「青谷梅林梅まつり」は古くからの梅の名勝地である青谷梅林で観梅を楽しんでもらおうと、昭和59年から開催しており、今年で37回目を迎えます。
      青谷梅林の起源は明らかではありませんが、歴史は古く、後醍醐天皇の皇子宗良親王の歌に「風がよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなき」とあることから鎌倉末期ごろはすでに梅林があったとの説もあります。その後、江戸時代に淀藩から梅樹栽培の奨励を受け、大いに植樹されたと「青谷村誌」に伝えられています。明治33年青谷保勝会を設立して梅林の保護と宣伝につとめてから、花見客は多くなり名勝地となった。青谷地域のおよそ20ヘクタールの面積では、青谷梅林特産の肉厚で香りの良い「城州白」などの梅が、毎年2月から3月にかけて見頃を迎えます。
      2月22日(土)にオープニングセレモニー(梅まつりのスタート)
      アクセス
      JR奈良線「山城青谷」駅下車、徒歩20分/近鉄京都線「新田辺」駅から京都京阪バスで「多賀口」下車、徒歩25分
      問い合わせ先
      梅の郷青谷づくり事務局:0774-56-5124
      (一社)
      城陽市観光協会:0774-56-4029
      城陽市商工観光課:0774-56-4018

      開催:
      2020/02/222020/03/15

      MORE