京都から大阪へと至る 京街道

大阪と伏見に城を築いた豊臣秀吉が、文禄5年(1596)、2つの城を最短距離で結ぶため淀川沿いに文禄堤を整備。この堤の道が京街道となりました。
本マップは、大阪府都市整備部、関係市町、守口門真歴史街道推進協議会、大阪城天守閣ほか関係団体からデータの提供、写真、その他必要な情報・協力を受け作成しています。許可なく転載、複製はお断りいたします。

■京街道は、大阪市中央区から大津市京町へとつづきます■
大阪市中央区~守口市大庭町 訳11.3km
京街道の起点、高麗橋から北の方向に進みます。大阪城を過ぎてしばらくいくと京橋駅にいたります。この辺りは車が多いので注意して歩きましょう。「関目七曲り」といわれた、京阪関目駅付近の複雑な道を通りさらに進むと、京阪守口市駅前に到達。ここから文禄堤の名残を歩きます。
大阪市中央区~守口市大庭町

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


守口市八雲北町~枚方市伊加賀本町 10.4km
守口市を過ぎ、寝屋川市へと入ります。この付近では、淀川の流れを眺めながらゆっくりと堤防歩きを楽しんでください。堤防から離れる地点を間違えないように注意して進みましょう。堤防を離れてしばらく歩いたところにある光善寺付近には、昔ながらの家並みが続いています。
守口市八雲北町~枚方市伊加賀本町

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


枚方市伊加賀本町~八幡市橋本北ノ町 11.1km
京街道のなかでも、大きな見所の一つである「枚方宿」を歩きます。この辺りは、地域の人々によって街道の景観をとどめる取組を行っています。時期によってはイベントも行われており、散策をより楽しいものにしてくれます。そこからさらに歩を進め、御殿山から牧野、楠葉を過ぎ、いよいよ京都へ入ります。
枚方市伊加賀本町~八幡市橋本北ノ町

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


八幡市橋本中ノ町~京都市伏見区 11.9km
石清水八幡宮で有名な八幡市から京都市の伏見区を歩きます。御幸橋付近から淀川河川公園の背割堤地区は、桜の名所として名高いスポット。街道散策の途中に立ち寄ってはいかがでしょうか。京阪中書島駅から墨染駅付近までは何度か曲がり角を曲がるため、詳細図を参考に曲がるポイントに注意しましょう。
八幡市橋本中ノ町~京都市伏見区

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


京都市伏見区~大津市追分町 11.6km
京都市伏見区から山科区を抜けて、滋賀県大津市に至ります。伏見区から山科区にかけては、街道付近にはさまざまな寺社があるので、一つひとつ見学しながら進むのも楽しいでしょう。大宅一里塚を越えてさらに北進を続ければ、目指すゴールはもうすぐです。
京都市伏見区~大津市追分町

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


大津市追分町~大津市京町 4.1km
京都の三条へ向かう道と、大阪へ向かう道との分岐点に建てられた追分の道標を過ぎ、名神高速道路の高架を抜けて国道1号を歩きます。途中の交差点で国道161号を進み、そのまま直進して大津駅前のゴールである札の辻へ。「京町1」交差点に札の辻の碑があります。この付近では車の往来の激しい国道を歩くため、十分に注意しましょう。
大津市追分町~大津市京町

マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒  


京街道宿場おすすめスポット ~その弐・参~

京街道宿場おすすめスポット ~その四~

閉じる