フォーラム

歴史文化遺産フォーラム

地域の中の古墳をどう活かすか~文化的価値と観光力~

3世紀から7世紀にかけ、全国各地に様々な大きさや形の古墳が造られ、飛鳥から奈良、京都と千年以上都のあった幾内には数多くの古墳が残されています。今回は、世界文化遺産に登録された百舌鳥と古市の両古墳群をテーマにフォーラムを行います
令和の時代を迎え、改めて私たちの身近にある歴史文化資源の価値を探るとともに、次代に向けその保存と活用、地域づくりとの関わり、観光資源としての魅力について考えます。

終了しました

概要

■講演
「現代における持続可能な文化遺産の保護 -アンデス文明調査の経験から」
 関 雄二氏(国立民族学博物館副館長)

■講談
 旭堂小南陵氏

■ディスカッション
「地域の中の古墳をどう活かすか ~文化的価値と観光力~」
 関 雄二氏(国立民族学博物館副館長)
 殿村美樹氏(TMオフィス代表取締役・PRプロデューサー)
 一瀬和夫氏(京都橘大学文学部歴史遺産学科教授)
 川上 浩氏(堺観光ボランティア協会理事長)

コーディネーター
 宗田好史氏(京都府立大学副学長、工学博士)
  • 開催日2019年09月28日
  • 時間13:00~16:15(開場12:15)
  • 場所堺市総合福祉会館6階ホール
  • 募集450名(事前申込み、先着順)
  • 入場料無料
  • 応募方法ハガキ・FAX・Eメール、または下記の申込ボタンより、
    必要事項を明記の上お申込みください。
    後日、参加証をお送りします。
  • 応募先〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2-7F
    歴史街道推進協議会「歴史文化遺産フォーラム」係
    FAX:06-6223-7234
    Eメール:time-trip@rekishikaido.gr.jp
  • 問い合せ06-6223-7744(平日10~17時)
  • 主催関西広域連合、歴史街道推進協議会、文化庁地域文化創生本部
  • 後援堺市、(公社)関西経済連合会、(一財)関西観光本部、近畿日本鉄道(株)、京阪ホールディングス(株)、東海旅客鉄道(株)、南海電気鉄道(株)、西日本旅客鉄道(株)、阪急電鉄(株)、阪神電気鉄道(株)
終了しました
日本文化体感レポート
親子参加型プログラム