歴史街道構想

Conception

歴史街道構想

CONCEPTION

伊勢~飛鳥~奈良~京都~大阪~神戸を結ぶ僅か300キロの1本のルート上には、古代から現代までの1500年の日本の歴史の舞台が連なり、ここを巡ることで、楽しみながら日本の歴史や文化を体感することができます。

文化を知り、こころを解するためには、書かれた文章を覚え、並べられた事物を知るだけでは充分ではありません。体験の記憶と自ら試みた実感をもって親しみひたるのでなければ、本当の文化を知ることにはならないのではないでしょうか。

次の世代を担う若者たちには、ここを旅してもらい日本の歴史や文化を実感してほしい。

世界を舞台に活躍するビジネスマンには、一度このルートを訪れて、日本の歴史や文化を再確認し、自信をもって世界各地で日本の歴史文化を語ってほしい。そして世界中の人々に、このルートを旅してもらい、日本の文化と日本人の姿を知ってほしい。

歴史街道推進協議会が目指す歴史街道の整備は、日本の歴史という時間軸でつながれた、世界唯一のブランドともなるルート観光づくり、壮大な歴史テーマパークづくりへの挑戦でもあり,

この地域に住む人々が長い歴史の中で、先人から受け継いできた「文化」を自分たちの現在に結びつけ、地域の未来に結び付けていく「地域づくり」でもあるのです。歴史街道づくりの推進は、関西が、そして日本が、後世に伝えるべき誇りあるプロジェクトです。

歴史街道推進協議会