街道ウォーキングマップ

京都から西国へと至る 西国街道
 西国街道とは、京都(東寺口)から大山崎、高槻など、淀川右岸を通り、大阪市内を経ないで西国(下関、九州まで)へ至る江戸時代の重要な幹線道路。
 近世から近代にかけて、幾多の人物が往来し、物資が流れ、情報や文化の伝播を担う動脈でした。
 
 
 平成25年2月現在のデータをもとに作成しています。変更されている場合もありますので、おでかけの際にはあらかじめご確認ください。


 本マップは、大阪府都市整備部、阪急電鉄、関係団体からデータ、写真、その他必要な情報の提供・協力を受け作成しています。許可なく転載、複製はお断りいたします。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
西国街道は、神戸から西宮、北摂、
      乙訓地域を通って東寺口へとつづきます。


マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
 
神戸市中央区〜神戸市東灘区  9.7km
JR三ノ宮駅前にある西国街道案内看板からスタート。JRと阪急・阪神の各鉄道と並行するうように歩きます。古くからある社寺や遺跡を確かめながら歩くのも楽しいでしょう。また、この付近には地元の方々によって建てられた案内板や道標があり、街道歩きの目安となります。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
 
 
神戸市東灘区〜西宮市上大市
神戸市から閑静な住宅街が続く芦屋市を通り、西宮市街地へ。西宮市中央にある商売繁盛の神を祀る十日戎で有名な西宮神社に参拝。西宮神社をあとにしばらく国道43号と並行に歩いてのち北へ。阪急門戸厄神駅を越えて北東方向へ歩を進めます。曲がるポイントをマップでよく確かめながら歩いてください。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
 
西宮市上大市〜箕面市瀬川 12.1km
西宮市から伊丹市へ。この付近には、さまざまな歴史遺産が点在しています。案内板が設置されているところも多いので、そのいわれを知りながらあるいてみるのもおすすめです。歴史を知ると、同じ道でもまた違って見えてくるものです。池田市に入って、さらに北東方向に進みます。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
 
箕面市瀬川〜茨木市豊川 10.8km
箕面市から茨木市へ。国道171号に沿って進みます。道標が数多く建っているので、よい目印になります。街道からは離れますが古くからある霊山・箕面山は、ぜひ訪れてみたいところ。名刹・勝尾寺のほか滝や周遊路もあり、特に紅葉の頃には多くの観光客で賑わいます。小野原周辺は、街道の面影を残しています。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
茨木市豊川〜高槻市山手町 10.0km
街道一番の見どころの一つ、郡山宿本陣から太田茶臼山古墳(継体天皇陵)を過ぎて高槻市内入ります。芥川の一里塚を目印に散策を続けると、街道が狭く古い町並みの残る旧街道らしい道にでます。ここが参勤交代で栄えた芥川宿です。大名行列や旅人が行き交った往時の面影を感じることができます。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
高槻市山手町〜長岡京市神足 9.5km
高槻市から島本町を通って大山崎町、長岡京市へ。大山崎町には、離宮八幡宮や妙喜庵などがあり、歴史散策にはぴったり。紀貫之、豊臣秀吉、明智光秀、千利休をはじめとした多くの歴史上の人物が行き交った地です。長岡京市には古代の都であった長岡京跡をはじめ、乙訓寺や勝龍寺城跡などがあります。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒
長岡京市神足〜京都市南区  8.6km
長岡京市から向日市を抜けて京都市内へ、。向日神社や、古代の都”長岡京”の中心地であった長岡宮跡を過ぎ、東向日駅を越えて進み、桂川にかかる久世橋を渡ります。橋のたもとの堤防からは、北に愛宕山、北山、比叡山の山並みが、東西に東山と西山の峰々が、南には平野と360度のパノラマが楽しめます。橋を渡るとゴールは目の前です。
マップのダウンロードはこちらから(PDF)⇒