2017 魅力再発見 西国街道


西国街道は、京都の東寺口から西宮へ向かう江戸時代からの幹線道路で、別名「西国通」とも呼ばれています。京都から大阪(大阪市)を経由せずに西国へ向かう重要なルートであり、幾多の人や物が行き交ったばかりでなく、駆け抜けていった時代の軌跡もであります。

古代には、畿内と九州の大宰府等を結ぶ道
として存在しており、人々が多種多様な営みを
行っていた遺跡、遺物が西国街道周辺で
発見されています。
今年度はこれらにスポットを当てた、
悠久のロマン探訪(見る・聞く・歩く)を開催します。

あなたも歴史の現場を見て、聞いて、歩きながら
「古き良き時代の旅」に思いを馳せてみませんか。
街道ウォーキングマップはこちらからダウンロードできます!