イベント情報

歴史街道推進協議会・近鉄文化サロン共催 
五感で体感! にほん文化シリーズ   VOL.29

醸造の香りに生きる町 湯浅の歴史と蔵めぐり
「五感」(味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚)プラス第六感をテーマに、「セミナー」と「現地体験」で日本文化の魅力を体感していただきます。

鎌倉時代に伝来した金山寺味噌の製造過程から生まれたといわれる醤油醸造で栄えた湯浅のまち。 文化年間(1804〜1818年)には92軒もの醤油屋が営業し、湯浅の代表的な産業となりました。 醸造業関連の町家や土蔵を代表とする近世から近代にかけての伝統的な建造物が残されている町並みは、 全国初の醤油の醸造町として、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。 醤油蔵の見学など、湯浅のまちを五感で体感してください。

募集内容

実施日 2017年2月26日(日)
募集人数 40名(先着順/最少催行人数15名) 
※一般の方も受付いたします。     
参加費用 会員5,400円(税込) 一般7,020円(税込) 
※現地までの交通費は別途

行 程

お申込方法

ハガキまたはFAX、メールに会員番号、氏名、電話番号を明記の上、
歴史街道倶楽部 「五感」VOL.29係
までお申込みください。
住所  〒530−0005 大阪市北区中之島2−2−2 大阪中之島ビル7階
FAX   06−6223−7234
メール club-info@rekishikaido.gr.jp

申込締切日

2017年2月9日(木)必着・先着順 

主催=歴史街道推進協議会・近鉄文化サロン